タイトルバナー

石見銀山の自然史

ミュージアムライブラリー

書庫には、石見銀山の解説資料等を掲載しています。

■石見銀山の銀鉱床 〜仙ノ山で銀が採れた理由〜(1)

石見銀山は16世紀前半に本格的な開発が始まり、多くの銀を産出した鉱山です。江戸時代に記された「石見銀山旧記」には、博多商人の神谷寿禎が1526年(あるいは1527年)に仙ノ山に銀鉱石を見つけ、開発に着手したことが記されています。
本格的な開発が始まるとまもなく銀の量産に成功し、その銀は大内氏や毛利氏など戦国大名の資金となりました。石見銀山の開発が引きがねとなり、生野銀山(兵庫県)、佐渡金銀山(新潟県)などの開発が本格化し、一躍日本は世界有数の銀産国になったのです。


最盛期には日本の銀が世界の産出量の3分の1を占めたとされ、そのうちかなりの割合を石見の銀が占めていたと考えられています。日本の銀は中国や朝鮮に輸出され、その銀によって東アジアの市場は活気づきました。そして、大航海時代のヨーロッパ列強国がアジアへ交易船を向ける契機になりました。


石見銀山の銀がアジアとヨーロッパをつなぐ航路の確立につながり、東アジアとヨーロッパの文化交流を引き起こしたことは世界史的な大きな出来事として評価されています。
また、石見銀山は近世から近代にかけての日本経済の根幹を支えた金銀銅鉱山技術の先駆的鉱山として、社会史的にも重要な存在です。


石見銀山の本体・・・仙ノ山

海から見た仙ノ山

馬路沖からみた仙ノ山。「石見銀山旧記」は1526年、博多商人の神屋寿禎が沖から仙ノ山に”光”をみて銀山を発見したと伝えます。

石見銀山で銀を産出した場所、すなわち鉱山の本体は仙ノ山(537m)です。
この山は、150〜170万年前に活動した火山です。鉱床を胚胎する仙ノ山(537m)は170万年前頃に活動した火山です。仙ノ山の周囲には、要害山、矢滝城山などいくつもの火山が集まり、この火山の集まりは、最高峰の大江高山(808メートル)の名をとって「大江高山火山群」と呼ばれます。


大江高山火山群は、200万年前頃から70万年前前頃にかけて安山岩〜デイサイト質の溶岩を噴出し、こんもりとした火山体(溶岩円頂丘)の集まりを形成しました。
数十の溶岩円頂丘が集まる中で、仙ノ山だけは火山礫と火山灰が堆積してできた峰で、地形的には「火山砕屑丘」と呼ばれるものです。仙ノ山は火山砕屑丘としてはかなり大きなものです。
仙ノ山が火山砕屑丘であることで、石見銀山には「福石鉱床」と呼ばれる特徴的なものがうまれました。
また、仙ノ山には「永久鉱床」と呼ばれる鉱脈型の銅・銀鉱床もあります。

石見銀山の鉱床

仙ノ山の地質と鉱床の位置。(鹿野和彦ほか(2001)5万分の1地質図幅「温泉津及び江津」.地質調査総合センター刊をもとに加筆)

inserted by FC2 system