タイトルバナー

大田の地形と地質

地層観察の手引き

■福光石

福光石で作られた石像

福光石で作られた石像(大森町・清水寺)


福光石は中世以前から石材として使われた石で、現在も建材等の用途で採石されています。
福光石の名称は石材名で、岩石名では火山礫凝灰岩に分類されます。緑色が特徴で、軽石質で比較的軟質です。
日本海形成期の海底火山活動で形成された「グリーンタフ(緑色凝灰岩)」のグループに含まれます。

温泉津町福光の採石場は、現在は坑内掘りで採石が行われています。採石場の歴史は室町時代まで遡るとされ、山腹の岩盤を手掘りで掘り進んだ跡がよく残っています。


採石が行われている坑内

採石が行われている坑内(温泉津町福光)

inserted by FC2 system