タイトルバナー

大田の地形と地質

地層観察の手引き

■グリーンタフ

グリーンタフ

鮮やかな緑色をの火山礫凝灰岩。(大田市仁摩町仁万)


緑色の凝灰岩は「グリーンタフ(緑色凝灰岩)」と呼ばれます。特に日本海形成期(新第三紀中新世)の海底火山活動に伴う凝灰岩類(火砕岩)に緑色のものが多いことから、その代名詞的に用いられることもあります。その場合には、緑色でない凝灰岩も「グリーンタフ」と呼ぶことがあります。

【凝灰岩】火山の噴出物のうち、火山灰(粒の大きさが直径2mm未満のもの)が堆積してできた岩石。tuff。小石程度の大きさの溶岩のかけらや軽石などの礫を含むものは火山礫凝灰岩と呼ばれる。さらに粒が大きなものには、凝灰角礫岩、火山角礫岩と呼ばれる。


グリーンタフ

平行葉理が発達する緑色凝灰岩(大田市仁摩町仁万)


火山灰の色は、灰色〜暗灰色であることが普通です。緑色の火山灰が火口から噴出されることはなく、グリーンタフは火山灰が堆積した後の変質作用によって色が変わったものです。
堆積した火山灰に熱水(数百度の温度がある温泉水)が染み込むと、熱と熱水中の成分との反応によって火山灰の成分が変質します。火山灰に含まれる角閃石や輝石などの鉱物が変質して「緑泥石」という緑色の粘土鉱物ができたものがグリーンタフです。緑に発色する主な理由は緑泥石中の鉄の色です。


グリーンタフ地帯

グリーンタフの分布域

inserted by FC2 system