タイトルバナー

大田の地形と地質

地層観察の手引き

■仁万海岸のタマネギ状ノジュール

仁万海岸のノジュール

波食台に点在するノジュール。周囲の岩石より固く、ボール状である


仁万海岸のノジュールは凝灰岩中にあり、大きなもので野球のボール程度の大きさ。断面は同心円状の縞模様がありタマネギを思わせます。

ノジュールは日本語では「団塊」と呼ばれ、堆積岩中に二次的に形成された塊のこと。化石などを核にして地層中の水から鉱物が生成して形成されます。


仁万海岸のノジュール

断面には同心円状の縞模様がある


inserted by FC2 system