タイトルバナー

大田の地形と地質

地層観察の手引き

■活火山!三瓶山の火山史と現在・未来

おおだ学火山講座(御嶽火山災害。活火山・三瓶山の現状は?) 2014年10月7日 於:大田市民センター

1.三瓶山は活火山である

三瓶山南方の志学展望広場から見た三瓶山

図1 三瓶山南方の志学展望広場から見た三瓶山
複数の峰からなる三瓶山は、約7万年前の大噴火によって形成されたカルデラ内に形成された溶岩ドーム群。


 大田市南東部に位置する三瓶山は、火山活動によって形成された山で、活火山に指定されています。
活火山とは、防災を目的として、今後火山活動を行う可能性がある火山に対して指定されているものです。
現在、活火山の指定基準は、「過去およそ1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山」で、約4000年前に最新の活動を行った三瓶山はこの基準に当てはまります。


活動性による火山区分の変遷

図2 活動性による火山区分の変遷
活火山の定義は、火山への認識や防災概念の変化に応じて変わってきた。


 火山の区分については、時代とともに移り変わっており、それを表にしたものが、上の図2です。
1960年代までは、噴火している火山を活火山と呼び、噴火記録がある火山を休火山、ないものを死火山と呼んでいました。この区分では三瓶山は死火山に相当します。
しかし、長い休止期間を経て活動を再開する火山もあることから幾度か定義が見直しされ、現在は2003年に定められた定義が使われています。三瓶山が活火山に指定されたのは、2003年です。


活火山の分布図

図3 活火山の分布図
現在、活火山に指定されている110火山の分布図。


 活火山の分布図を見ると、中部地方以東と九州に多いことがわかります。
中国地方には活火山指定されている火山が2つあり、三瓶山と山口県萩市の阿武火山群がそれにあたります。
阿武火山群は小さな火山の集まりで、日本最小の火口を持ち、観光地としても知られる笠山が約8800年前に活動したことから、火山群として活火山指定されています。


活火山の名称とランクA,B,Cの区分

図4 活火山の名称とランクA,B,Cの区分
火山噴火予知連絡会による、活動度に応じた活火山のランク区分。


 火山噴火予知連絡会は、2003年の活火山の定義改定の際に、活動度に応じて3段階のランク分けを行いました。
三瓶山は、最も活動度が低いランクCに区分されています。
現在、気象庁ではこのランク区分を用いていません。


監視・観測体制の充実等の必要がある47火山

図5 監視・観測体制の充実等の必要がある47火山
気象庁が防災の観点での区分として用いている、防災上重要な47火山とその細分。


 気象庁は、A,B,Cの3ランクとは別の区分として、2009年に「火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある47火山」を定めました。
それまでのランク分けは、火山の活動度の情報だけで区分され、噴火時に被害が発生する範囲など、防災面の要素は考慮されていませんでした。そこで、新たにこの枠組みが決められました。


inserted by FC2 system