タイトルバナー

地層観察の手引き

■松代鉱山の霰(あられ)石産地

所在地:島根県大田市久利町松代
指定年:1959(昭和34)年
区 分:地質鉱物


霰石の特徴

霰石

やや扁平な直径約20cmの霰石。三瓶自然館標本。


 松代鉱山産の霰石は、断面が菊の花のように見える六角柱状の結晶が寄り集まった団塊として産出します。
塊は直径5〜10cmのものが多く、時には直径30cmを超える大型のものも産出しました。松代鉱山産のように塊状で産する霰石は世界的にも珍しいことから、産出地点が国の天然記念物に指定されています。
 霰石(英語名:Aragonite)は炭酸カルシウム(CaCO3)からなる鉱物で、化学的には方解石と同じですが、結晶の形が異なるため、鉱物としては区別されます。


松代鉱山の地質

 松代鉱山は約2000万年前(新第三紀中新世)の地層の分布域にあります。
この地層は、日本列島が大陸から離れつつあった時、日本海の海底で形成されたもので、おもに火砕岩類、火山岩類、堆積岩類からなっています。この時代に日本海海底で形成された地層は、緑色の火砕岩を伴うことから、グリーンタフ(緑色凝灰岩)層と呼ばれ、金属・非金属資源に恵まれています。

松代鉱山付近の地質

松代鉱山付近の地質


霰石の産状

 松代鉱山は明治34年に石こう鉱山として採掘が始まった鉱山で、昭和40年代まで稼働していました。霰石は石こう鉱床の上下に分布する粘土化した火砕岩中から産出し、石こうの採掘に伴って掘削土として掘り出されました。霰石には利用価値がなかったため、鉱山稼働時は排土として処理されていました。


黒鉱鉱床

 松代鉱山の鉱床は「黒鉱(型)鉱床」と呼ばれる日本列島に固有のタイプの鉱床に属します。黒鉱鉱床は、深海底で海中に噴出した数100度の熱水から銅や亜鉛、鉛、金、銀など各種の金属や石こうなどの非金属が沈殿して出来た鉱床です。この鉱床から産する各種の金属成分が混じった黒色の鉱石は「黒鉱」と呼ばれます。
 黒鉱鉱床は島根県から北海道までの日本海沿岸地域を中心とする「グリーンタフ地域」に存在し、松代鉱山や五十猛町の石見鉱山は、グリーンタフ地域の西限域にあります。

松代鉱山の地質断面

松代鉱山の地質断面


霰石の鉱物的特徴

【分類】 炭酸塩鉱物
【色】  無色、白色
【組成】 CaCO3
【硬度】 4
【比重】 2.9
【晶系】 斜方晶系
【光沢】 ガラス光沢
【条痕】 白色
【劈開】 一方向に完全

inserted by FC2 system