タイトルバナー

地層観察の手引き

■大田市大屋町「鬼村の鬼岩」

鬼岩

鬼村の鬼岩全景


○この岩は何がすごい? 珍しい?

笹川沿いの道を進むと、とつぜん、鬼岩が現れます。
まわりには大きな岩はないのに、ぽつんと大岩がそびえていて、なんだか不思議な光景です。 しかもこの鬼岩は、「きのこ」のように上のほうが幅広で、どうしてこのような形になったのか、本当に不思議です。
よく見ると、一列に並んだ「謎の穴」まであります。鬼村に伝わる昔話では、この穴は鬼が岩をつかんだ時の指の跡だとか!!
そういう昔話が伝わっているのも、昔から、鬼村の人たちにとって、この岩が「気になる存在」だったからでしょうね。
鬼岩のように、地域の中で目立っていて、昔話が伝わる場所は、その土地で暮らした人々の歴史にとってとても大切な存在です。 さらに、鬼岩は科学的にも、大田市全体、いや日本列島の成り立ちと関わる雄大な歴史を秘めているのです。


○こんな岩がどうして出来た?

鬼岩を作っている岩石は、今から1600万年くらい前に火山が吹き出した火山灰が固まったものです。
1600万年前という時間を想像できるでしょうか。
人類の登場は、およそ500万年前から700万年前と考えられています。人が土器を使って食べ物を煮炊きしはじめたのはせいぜい1万6000年から2万年前です。鬼岩の岩石がどれだけ古いか、少しだけイメージできたかも知れませんね。
もっとも、古いとは言っても地球の歴史の中では比較的新しい時代で、鬼岩ができたのは、恐竜が絶滅した6500万年前よりもずっと新しい時代の話です。
さて、1600万年前というのは、日本列島の歴史においてとれも重要な時代です。
というのも、日本列島が生まれたのがこの時代なのです。

日本列島の歴史は、恐竜の歴史よりもずっと新しく、恐竜が生きていた時代には日本列島はまだありませんでした。
2500万年前頃に、中国の大陸の一部が裂けるようにして広がりはじめました。 大地の割れ目はゆっくりと、何百万年もかけて広がり、やがてその割れ目に海水が流れ込んで海になりました。これが後の日本海です。
大地の一部を引き裂いた力は、ものすごく激しい火山の噴火でした。
それは、現代では想像もできないくらいの激しさだったと思われます。
火山の噴火とともに大地が引き裂かれ、割れ目が次第に広がり、やがて日本列島は大陸から離れたのです。
割れ目に海水が流れ込んで、日本海が生まれてからも、その海底では火山噴火が続きました。 この時に、海底で噴火した火山が吹き出した火山灰がたまってできたのが、鬼岩の岩石です。
もちろん、鬼岩だけができたわけではありません。
少しずつ広がっていた日本海の海底では、至る所で火山が噴火し、火山灰がたまっていました。
この時代に、海底にたまった火山灰の地層は、大田市から北海道まで広い地域に分布していて、日本列島の成り立ちを物語る重要な地層とされています。この地層は、「グリーンタフ」と呼ばれることがあり、その一番西の端っこが大田市です。大田市には「グリーンタフ」の地層の特徴がひととおりそろっていて、“自然の博物館”と呼んでもよいくらいです。鬼岩は、こんな地層の一部なのです。
日本列島が生まれる時代に、海底でできた鬼岩の岩石は、やがて地盤の隆起によって地上に現れました。
地上では雨風、川の流れによって岩盤が削られます。ほんの少しずつ削られるだけでも、何十万年、何百万年の時間の中では、大きな山さえも消えてなくなるほどの変化になります。 もともと、鬼岩の周囲にも、同じ地層が続いていたはずです。 しかし、その地層の大部分は削られて消えてなくなりました。偶然削り残された部分が鬼岩なのです。
偶然とはいっても、もしかしたら、鬼岩の頭の部分は、周囲の岩石よりも少し固かったのかも知れません。ほんの少し固かったために、削り残されて、今のような形になったのかも知れませんね。


鬼岩

鬼岩にみられる風食洞


○鬼岩の穴

鬼岩にあるいくつもの穴は少し珍しいもので、風の作用によって開いたという意味で、「風食洞」と呼ばれます。岩盤の割れ目に入り込んだ砂が風で動き、割れ目を広げて大きな穴を作ったものです。実際には、穴は風の力だけで大きくなったわけではないようです。風以外の理由が、鬼岩の岩石の成り立ちと関わっているのですが、その前に、よく似た穴を紹介しましょう。
水の流れや波の力が及ばない場所の岩盤に開いた穴は、海岸では時々見ることができます。特に、五十猛町の海岸には多くあります。海岸では、風に運ばれた海水が穴を広げる働きをします。海水の塩分が岩を少しずつ溶かしたり、壊したりして穴を作るのです。海水がかかると鉄がすぐにさびるという話を聞いたことがあるでしょうか。鉄だけでなく、岩石も塩分を含んだ水には弱いのです。
海岸ではしばしば見ることができる風食洞も、潮風が届かない山の中では、普通はありません。
では、何が鬼岩の穴を開けたのでしょうか。その答えとして、この岩が海底にたまった時に一緒に沈殿した海水中の塩分が考えられます。でも、それだけでは、他では滅多に見られない穴が鬼岩にあることは説明できそうにありません。鬼岩の岩石は、普通に海底でたまった地層とは違う特徴がありそうです。それは何でしょう。
鬼村の歴史をひもといてみると、昭和40年頃まで「鬼村鉱山」という鉱山がありました。鬼村鉱山は石こうという鉱物を採った鉱山です。石こうは、ギブスや工作用の石こう、建築用の石こうボード、コンクリートの副原料など、幅広い用途があり、生活に欠かせない鉱物です。昔の大田市は、日本有数の石こう産地で、鬼村鉱山は代表的な鉱山のひとつでした。この鉱山の存在が、何か関係がありそうです。
鬼村鉱山で石こうが採れたのは、鬼岩の岩石ができた時代の、海底火山噴火と関わりがあります。火山の噴火とともに海底に吹き出した高温の温泉水(熱水)から、石こうが沈殿したのです。この熱水は、鬼岩の岩石にもしみ込んで、岩の中に塩分やイオウなどの成分を沈殿させたようです。これらの成分が、鬼岩の穴を広げる働きをしたと考えられています。イオウは、火山性の温泉や海水にも含まれている物質で、石こうの成分のひとつでもあります。イオウが水に溶けると強い酸性になり、岩石を溶かす働きをします。鬼岩の表面からしみ込んだ雨水が、塩分やイオウなどを溶かしだし、穴を広げる役割をはたしたのです。
鬼岩の穴は、雨と風、岩石に含まれる成分の働きで開いたもので、他ではあまり見ることができない珍しいものなのです。


鬼岩

五十猛海岸にみられる風食洞


○石こうと黒鉱、ゼオライト

鬼村には、石こうを産出した鬼村鉱山があったことを紹介しました。鬼岩と同じ時代に海底でできた地層は、大田市の西部に広く分布していて、その地層には石こうなどを産出した鉱山がいくつかありました。
久利町には松代鉱山がありました。五十猛町には石見鉱山があり、こちらは現在もゼオライト鉱山として採掘が続いています。石見鉱山は、昔は石こうを採った鉱山で、一時期、黒鉱という鉱石を産出していました。黒鉱は、銅や鉛、亜鉛、金、銀など様々な成分が混じり合った鉱石で、黒い色をしていることからその名が付けられました。広がりつつあった日本海の海底でできたもので、世界でも日本列島にしかない特殊な鉱石です。黒鉱は、海底に噴出した熱水に含まれていた銅などの成分が沈殿してできたものです。黒鉱のまわりには石こうが沈殿しました。黒鉱と石こうはセットでできたのです。
黒鉱は、現代の日本の鉱山技術とも関わり深いものです。様々な成分が混じった黒鉱から銅、鉛、亜鉛、金、銀を選り分ける作業はとても難しい技術です。そのため、江戸時代までは黒鉱は使い物にならない石でした。明治時代以降の技術の進歩とともに黒鉱から金属を取り出すことができるようになりました。その技術は、現在ではコンピューターなどの廃棄物から、金などの希少な金属を取り出す技術に応用されています。日本列島にしかない黒鉱から金属を取り出すために開発した技術のおかげで、現在の日本は「都市鉱山」とも呼ばれる廃棄物を再利用する技術で世界をリードしています。なかでも、この技術に優れているのはDOWAホールディングスという会社です。この会社は、明治時代に石見銀山を再開発した「藤田組」がルーツです。
現在、石見鉱山で採掘されているゼオライトは、火山灰が熱水の作用で変質したものです。ゼオライトは日本語では沸石と呼ばれ、目には見えない小さな穴をたくさん持った鉱物です。その穴に、ガスの成分などを取り込む働きがあり、臭いを吸収する脱臭剤などに応用されるほか、土壌改良剤などに幅広く使われています。福島の原発事故では、地下水に広がった放射性物質を回収するためにゼオライトが使われ、石見鉱山からも福島へ送られています。
このように大田市には私たちの暮らしに関わり深い鉱物を産出した鉱山がいくつもあります。石見銀山の陰に隠れていますが、鬼村鉱山は日本の近代化を支えた石こう鉱山としてもっと注目されるべき存在と言えるでしょう。

inserted by FC2 system