タイトルバナー

地層観察の手引き

■鬼村鉱山について

明治から昭和にかけて、大田市は国内における石こうの主要産地のひとつでした。
石こうはコンクリートの主要原料であるほか、医療用ギブズ、石こうボードなどに使われる鉱物資源です。土木建築の分野を中心に、日本の近代化を支えた資源といえます。

地域の主要産業でありながらその歴史があまり語られることがない石こう鉱山の貴重な記録として、桜井貞光氏は「石東史叢」に夏野金次郎氏(1898-1975)の手記をほぼ原文で紹介しています。
「石膏山記」というこの手記は、夏野氏が長年勤めた鬼村鉱山の記録として晩年に記したものです。
ここでは手記から鉱山の歴史に関する部分の概要を紹介します。


鬼村鉱山の開発は、1909(明治42)年に鵜鷺村(出雲市大社町鵜鷺)の山師商人・岡 有市氏が仁万に宿泊した際、以前に鬼村で石こうを採って薬品として販売していたことを知ったのがきっかけだった。
1918(大正7)年、鉱山所有者の塩田万市氏が大阪石膏株式会社を大阪に創立し、鬼村鉱山、松代鉱山、出雲市の鰐淵鉱山、鵜峠鉱山の経営を行うようになった。島根県の主要な石こう鉱山を一手に経営していたことになる。
昭和初期には、島根県の石こう生産量は全国の7割に達した。
その後、品位が低い出雲の鉱山は閉山となったが、高品位の松代鉱山、鬼村鉱山は稼働し、第二次世界大戦中には海軍の兵器用としての指定も受けたりもした。
1943(昭和18)年の水害で坑道がすべて水没したもののの半年で復旧し、1967(昭和42)年まで操業された。


鬼村鉱山から産出した石こうは、開発当初は人が静間まで背負って運び、そこから荷車で和江港へ運んで船積みしていた。
大正時代に鬼村ー静間間の道路がつくられ、のちにトロッコ軌道が整備された。トロッコは1940(昭和15)年まで使用された。


鬼村鉱山の石こうは品位が高く、その鉱体は黒色頁岩中に4つの塊状に存在した。
石こうに「石膏」の文字をあてて最初に使ったのは鬼村鉱山という。


鬼村鉱山鉱区見取略図

夏野金次郎の「石膏山記」について(桜井貞光)をもとに作図

inserted by FC2 system