イメージロゴ

コース

イベント

三瓶山

温泉

三瓶山について
三瓶山

 三瓶山は、こんもりとした峰が寄り添い、その山すそには緩やかなスロープの斜面が広がる風景が印象的な山です。
島根県のほぼ中央に位置し、大山隠岐国立公園の一角として、国立公園に指定されています。

 三瓶山の峰は、男三瓶山(1126m)、女三瓶山(953m)、子三瓶山(961m)、孫三瓶山(903m)、太平山(853m)などに分かれ、これらが「室ノ内」というくぼ地を囲んで環状に並んでいます。
山麓には三瓶温泉をはじめとする温泉があるほか、自然学習や研修施設として三瓶自然館や国立三瓶青少年交流の家があり、登山やキャンプなどのアウトドアレジャーや観光、自然学習に年間数十万人が訪れます。

三瓶山

三瓶山は花の名山

 三瓶山は、山すそに草原が広がり、男三瓶山の北斜面から室ノ内にかけては「三瓶山自然林」におおわれています。
草原と森林が隣接し、それぞれの環境ならではの植物が生育していることから、多様な草花をみることができることがこの山の特徴です。
オキナグサ、ササユリ、キキョウ、リンドウなど、季節の花をお楽しみ下さい。

火山が生んだ山

 三瓶山は、約10万年前から4000年前までの間に7回の噴火活動を行った火山です。中国地方では最も新しい時代に噴火した火山で、全国110の活火山のひとつです。
こんもりとした峰は、「溶岩円頂丘」という火山地形で、山すその緩やかな斜面は、古い時期の大噴火で形成されたカルデラの範囲にあたります。

○交通アクセス

三瓶山案内図

広島方面から

広島北インターから約2時間。
中国自動車道千代田JCTから浜田自動車道、大朝インター下車、国道261号線で川本町へ。川本町から県道40号川本波多線で三瓶山へ。

岡山方面から

岡山インターから約3時間。
山陽自動車道尾道JCTから尾道自動車道、松江自動車道で吉田掛合インター下車、雲南市掛合町から県道40号川本波多線で三瓶山へ。

松江方面から

松江玉湯インターから約1.5時間。
山陰自動車道松江玉湯インターから松江自動車道、吉田掛合インター下車、雲南市掛合町から県道40号川本波多線で三瓶山へ。

浜田方面から

浜田インターから約1.5時間。
山陰自動車道仁摩石見銀山インターから国道9号線で大田市へ。大田市街から県道30号三瓶山公園線で三瓶山へ。

inserted by FC2 system