タイトルバナー

THE神楽in三瓶山2016

【プログラム】

※当初のご案内から、出演順、演目が一部変更になっています。

10:00 開会

10:10 三瓶山神代神楽社中

塩祓 (しおはらい)

「四方祓い」の別名があり、東西南北の四方を舞い清めて、神々を迎える準備をする神事系の神楽。
舞手は一人または二人。

10:40 大屋神楽社中

日本武尊 (やまとたけるのみこと)

日本武尊の東夷征伐の物語。九州の豪族熊襲(くまそ)を制した日本武尊はすぐに東国の平定に向かい、途中、伊勢国で村雲の剣と火打石を賜る。
駿河国の兄ぎし、弟ぎしの二人は、日本武尊を迎え撃つために野に火を放つが、村雲の剣の力によって日本武尊は危機を脱し、二人を退治する。

11:30 多根神楽団

大蛇 (おろち)

高天原を追われた素戔嗚尊(すさのおのみこと)が出雲で老夫婦に出会い、娘たちを次々に食べた八岐大蛇のことを聞き、それを退治する。
素戔嗚尊は酒を造り、大蛇に飲ませて酔わせたところで退治し、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)を得、老夫婦に残された最後の娘、奇稲田姫と結婚する。

12:20 トークショー〜石見神楽と三瓶山〜

13:00 土江子ども神楽団

黒塚 (くろつか)

熊野の高僧、阿闍梨祐慶大法印(あじゃりゆうけいだいほういん)が剛力とともに九尾の悪狐を退治しようと出かけるが、宿を借りた家の女主人に化けた悪狐によって剛力は食われ、法印は逃げ去ってしまう。
このことを知った弓の名人、三浦之介と上総之介が悪狐を退治する物語。

13:50 宮乃木神楽団

一条戻り橋 (いちじょうもどりばし)

平家物語を元にした新舞のひとつ。渡辺綱は都の民に災いをなしていた茨木童子を成敗する命を主君の源頼光から受ける。
茨木童子と戦った綱が倒されると、岩清水の神の幣を持った坂田金時が加勢して戦い、茨木童子は左の腕を切り落とされ、大江山へ飛び去る。

14:40 大屋神楽社中

田村 (たむら)

伊勢の国鈴鹿山に住み、悪事を働いていた大嶽丸(おおたけまる)という鬼人を、田村麻呂(たむらまろ)が討伐する物語。
田村麻呂は大嶽丸の神通力に手こずるが、絶世の美女、鈴鹿御前(すずかごぜん)の助けを借りて討伐を果たす。

15:30 宮乃木神楽団

源頼政 (みなもとのよりまさ)

源頼政による鵺(ぬえ)退治の物語。
平安時代末、京の東三条の森から黒雲がわき出て、御所・清涼殿の上を覆い尽し、帝は病魔に侵される。この何者ともつかぬ相手の退治を命じられた頼政が矢を放ちこれを仕留めると、それは頭が猿、体は狸、尾は蛇、手足は虎の奇怪な獣、鵺であった。

協賛企業・団体

国民宿舎さんべ荘へのリンクバナー 国立三瓶青少年交流の家へのリンクバナー 島根県立三瓶自然館へのリンクバナー 広域ツーリズム
inserted by FC2 system