タイトルバナー

しまねの自然

しまねの地形と地質

■石見東部の自然〜波根西の珪化木(大田市)

波根西の珪化木

波根西の珪化木は、1300〜1500万年ほど前の樹木が石化したものです。大田市久手町波根西の海岸にあり、太さ約1m,長さ5m(埋没部も含めると10m以上)の木の化石が波打ち際の崖面から突き出て海底に続く形で露出しています。
この珪化木は日本海が形成された新第三紀中新世に、海岸近くの陸地で生じた火山活動に伴う土石流で押し流され堆積したものです。
付近には大小の珪化木が多数埋没しており、浸食され洗い出されたものが付近の海底に多数転がっています。
珪化木は、材の組織に珪素が沈殿して有機物と置き換わったもので、成分的にはメノウやオパールに変化しています。
波根西の珪化木は国の天然記念物です。

波根西の珪化木

波根西の珪化木を含んでいる地層。火山噴出物を主体とする礫で構成されています。暗色の礫は安山岩礫、白色の礫は軽石。
礫は若干角がとれて丸みを帯びており、ときおり良く円摩された円礫を含みます。この地層は火山活動に伴って発生した土石流の堆積物で、円礫は取り込まれたものと考えられます。


より大きな地図で しまねの自然 を表示
久手小学校の珪化木

大田市久手町の海岸付近には、知られているもの以外にも多数の珪化木が存在していると思われます。
昭和初期に、久手港の建設工事が行われた際には、大小多数の珪化木が海底から引き上げられ、そのひとつが大田市立久手小学校の正門付近に設置されています。
この珪化木はキリの仲間と推定されていて、年輪の痕跡が明瞭に残っています。

inserted by FC2 system