タイトルバナー

しまねの自然

しまねの地形と地質

■石見東部の自然
〜温泉津海岸のしゅう曲構造(大田市)

温泉津海岸のしゅう曲構造

温泉津湾の海食崖に、折り畳まれたように曲がった地層がみられます。
これは、スランプ構造と呼ばれる地層の変形構造で、海底地滑りによって形成されたものです。
軟弱な地層が、「ふとんがずり落ちる」ように地層の境目に沿って滑り、変形しました。
この海食崖では、何ヶ所も折れ曲がっている様子が観察できます。

スランプ構造がみられる地層は、新第三紀中新世(2650万年前〜650万年前)の海底火山噴出物(凝灰岩類)で一部に泥岩をともないます。一帯には、同時期の海底火山噴出物が広く分布しています。

現地は、造船所跡から海岸沿いに歩いて行くことができます。

温泉津海岸のしゅう曲構造


より大きな地図で しまねの自然 を表示
inserted by FC2 system