タイトルバナー

しまねの自然

しまねの地形と地質

■出雲・隠岐の自然〜須々海の洗濯岩(松江市)

洗濯岩

入江が連続する海岸の一角に「洗濯板」のような縞模様が発達し、珍しい景観を作り出しています。
当地の岩盤は、砂岩と泥岩の薄い層が繰り返される砂泥互層です。波の浸食によって柔らかい泥岩の部分がえぐられ、硬い砂岩の部分が残されて凹凸が形成されました。

当地の砂泥互層は、日本海形成期(新第三紀中新世)に海底で形成されたものです。
地震によって海岸近くで海底地滑りが発生し砂が沖合の海底に運ばれます。沖では普段は泥が堆積していて、その上を海底地滑りの砂が広く覆って重なることで、泥と砂の重なりが作られました。
これが幾度も繰り返されて、砂泥互層が形成されました。

inserted by FC2 system