タイトルバナー

しまねの自然

しまねの地形と地質

■石見西部の自然〜大元神社跡の樟(津和野町)

大元神社跡の樟

大元神社跡の樟(クスノキ)は島根県の巨木としては屈指の太さを誇り、幹周12mに達します。
クスノキからは薬品や昔は合成樹脂の原料として使われた「樟脳」がとれることから、この木も戦時中に切断して利用されることになりました。しかし、地元住民らの活動により天然記念物の指定を受けることで伐採を免れたという経緯があります。


より大きな地図で 無題 を表示
inserted by FC2 system