タイトルバナー

しまねの自然

しまねの地形と地質

■石見西部の自然〜長浜台地の黄長石霞石玄武岩(浜田市)

黄長石霞石玄武岩露頭

長浜台地は浜田商港がある海岸に面した高台で、鮮新世(約600万年前)に噴出した玄武岩からなる溶岩台地です。
この台地に分布する玄武岩は、黄長石と霞石という鉱物を含みます。この2つを同時に含む玄武岩は世界的に珍しく、日本では唯一の産地です。
肉眼的には黒く緻密な岩石で、他の玄武岩との見分けはつきません。外観的な特徴として、白いフッ石という鉱物の結晶が所々にあります。フッ石は溶岩から火山ガスが抜ける際にできた空洞に二次的に生成したものです。
フッ石にはわずかに液体の水が含まれていることがあり、溶岩が噴出された際のマグマ水の名残です。
玄武岩が露頭している場所のうち3地点が県の天然記念物に指定されています。

inserted by FC2 system