タイトルバナー

しまねの自然

しまねの地形と地質

■石見西部の自然〜土田海岸の混交岩(益田市)

益田市土田海岸の混交岩。花崗岩と閃緑岩が混ざり合い斑状の模様になっている。

益田市土田町の洞ノ鼻東側の海岸には、濃淡の斑模様がみられる岩石が露出しています。
この岩石は、淡色部は花崗岩、濃色部は閃緑岩です。いずれもマグマが地下深部で固結した深成岩で、固結前の段階で花崗岩マグマと閃緑岩マグマが混交し、このような構造になったものです。
マグマが混交した岩石は時折見ることができ、雲南市木次町と奥出雲町仁多の市町境にある尾原ダム付近の露頭でもしばしば認められます。また、近年まで採石されていた雲南市三刀屋町の花崗岩には、斑状に取り込まれた閃緑岩がしばしば含まれています。

inserted by FC2 system