タイトルバナー

しまねの自然スポット

しまねの地形と地質

■江の川

河川延長:194km

流域面積:3,870平方km

水源:阿佐山(広島県)

河口:島根県江津市


三次盆地を流れる江の川

三次盆地で可愛川、馬洗川、西条川が合流する。


江の川は中国地方で最大の河川規模をもち、山陽側の広島県から流れ出て中国山地を横切り、江津市で日本海に注ぎます。
北広島市から庄原市にかけての中国山地脊梁の山陽側から流れでた可愛川、馬洗川、西条川が三次盆地で合流し、一気に流量を増します。そこから脊梁部を横切り、山陰側へ流れます。
江の川のように山地を横切る河川は「先行河川」と呼ばれます。先行河川は、山地が隆起する以前からあった河道が、山地の隆起に打ち勝って流路を維持したものです。
江の川の中流域は、新第三紀中新世には湾が入り込んで海域だった部分にあたり、中国山地の隆起以前から相対的に低かった場所です。そのことが先行河川の成立に関係していると思われます。

三次盆地から北流した流れは、三瓶山の南麓、美郷町粕淵で大きく曲流します。そこからは南西方向に直線的に流れた後、川本町因原付近から緩やかに北流に転じ、江津へ至ります。屈曲部から因原までの流路は、この地域に卓越する構造線と平行しており、曲流と構造運動の関連が推定されます。

下流域では、河床勾配が緩やかで、河口から約10km上流までは河床の高さが海面高度以下です。そのため、河口から8km付近までは常時海水が入り込み、典型的な「塩水くさび」が発達しています。
海水と河川水はほとんど混じらず、海水の上面を滑るように河川水が流れます。

河口は直線的な海岸に直行する形になっており、沖積平野はほとんど発達していません。砂丘の発達もそれほど顕著ではなく、江の川が運搬した土砂の大半は沿岸流で沖合に運ばれているとみられます。


粕淵の曲流

美郷町粕淵で大きく向きを変える江の川。三瓶山頂から


江の川河口

江の川河口部。海水はここから8km上流まで遡り、渇水期にはさらに上流へ至る


inserted by FC2 system