タイトルバナー

しまねの自然スポット

しまねの地形と地質

■斐伊川

河川延長:153 km

流域面積:2,070平方km

水源:船通山

河口:島根県松江市・鳥取県境港市


斐伊川中流

中流の木次町湯村を流れる斐伊川。湯村温泉は風土記記載の温泉地


島根県東部を流れる斐伊川は、奥出雲を流れ出て、出雲平野を形成し、宍道湖・中海を経て日本海に至る河川です。
斐伊川の流域には花崗岩類が広く分布します。
当地の花崗岩は深層まで風化が進んで土砂状になっていることが多く、かんな流しと呼ばれる比重選鉱によって砂鉄を抽出することができます。
古代から近代まで、斐伊川流域では製鉄が盛んに行われ、量、質とも全国随一の産鉄地でした。

流域の花崗岩が土砂状に風化していることと、製鉄による山地開発の名残で、斐伊川は砂の運搬量が多い川です。
河床に堆積した砂は洪水の原因となり、近代までの斐伊川は毎年のように氾濫を繰り返していました。現在も下流部の河床には砂が多く堆積しており、その上を浅く流れる水流によって鱗状の砂州が発達しています。

下流部の宍道湖、中海はいずれも潟湖で、汽水環境です。宍道湖の塩分は海水の5分の1から10分の1程度で降水量や潮位によって大きく変動します。中海は2分の1程度から海水に近い塩分で、こちらもかなり変動しています。
宍道湖、中海には冬期にガン・カモ類を中心に多くの渡り鳥が飛来し、ハクチョウの越冬地としては南限地です。両湖は水鳥の繁殖地としての重要性から、ラムサール条約に登録されています。


鱗状砂州が発達する流れ

出雲平野を流れる斐伊川の河床には鱗状砂州が発達する


宍道湖のシジミ漁

宍道湖のシジミ漁風景。汽水に生息するヤマトシジミの大産地で大きなシェアを持つ


inserted by FC2 system