タイトルバナー

しまねの自然スポット

しまねの地形と地質

■高津川

河川延長:81 km

流域面積:1,090平方km

水源:吉賀町

河口:島根県益田市


左鎧地区の流れ

高津川中流の流れ


高津川は西中国山地を源流とし、益田市で日本海に流れ出ます。全国屈指の清流として知られ、2007年、2008年の2年連続で水質日本一になったこともあります。
源流は吉賀町田野原にあり、谷底平地の一角にある湧水から流れが始まります。このような形で水源地がはっきり特定できる川は、一級河川では珍しいとされます。
水源の上流では、瀬戸内海へ流れる錦川との間で河川争奪が行われた地形がみられます。水源地の北東約1kmを流れる深谷川は、かつては高津川の上流部でしたが、流れが錦川に変わったものです。
高津川の河川争奪は、大規模ながけ崩れによってせき止めが生じ、あふれた水が隣の谷へ流れるようになったことが原因と考えられています。
上流部の流れを奪われたことで、水流がない谷が取り残されました。水源地から深谷川までの間は、河川争奪以前には高津川の水流があった場所ですが、現在は河道はありません。この部分では、かつての川原礫の下を水が伏流し、水源地で湧水となって流れ出ています。


支流の匹見川は、本流に匹敵する規模を持ちます。
西中国山地でも特に急峻な範囲を集水域とし、流れる水の透明度は抜群です。源流域には匹見峡、裏匹見峡、奥匹見峡といった渓谷があり、中国地方固有のイワナの仲間、ゴギが生息しています。


水源公園

奥のスギの根元にある泉が高津川の水源


伝統的治水工の水牛

下流域の川原に設置された伝統的な治水工


inserted by FC2 system