タイトルバナー

しまねの自然

しまねの地形と地質

■出雲・隠岐の自然
〜小伊津・長尾鼻の砂泥互層(出雲市)

小伊津の砂泥互層

出雲市小伊津町の海岸は、50m以上の切り立った海食崖に縞模様が明瞭な地層が露出し、印象的な景観です。
地層は砂岩層と泥岩層が交互に重なっていて、海に向かって急角度で傾いています。波打ち際の海食台では洗たく岩状になっています。


この地層の成因は、海底地滑り等によって発生する土砂の流れである「タービダイト}で説明されます。
地震によって発生した海底の地滑りにより、沿岸の砂が沖合の泥が堆積している場所まで運ばれて砂層を作り、それが何万年、何十万年にわたって繰り返されることで、砂岩と泥岩が交互に重なる地層が形成されたのです。

この地層が形成された時代は1500万年ほど前で、日本海が広がり、日本列島が大陸から切り離される大変動の後半です。
当時、この地層は海岸から少し離れた沖合で、普段は泥が静かに堆積する場所でした。
沖合の海流は砂を運ぶほどの強さを持っていないため、平時は砂は供給されません。地震により、海底地滑りが発生した時だけ、砂が供給されました。
砂と泥の地層が規則的に繰り返されていることから、ある程度一定の間隔で地震が繰り返されたことが推定できます。
繰り返された地震は、日本海拡大の変動と関係していたのかも知れません。

海底でほぼ水平に堆積した地層は、その後、島根半島を隆起させた地殻変動により大きく傾き、浸食を受け、現在の形になりました。
同じような砂泥互層は、松江市加賀町の須々海海岸でもみることができます。このように明瞭なタービダイト互層が見られる場所は、全国的にみてもそれほど多くはなく、小伊津海岸の露頭は露出規模が大きく、理科の教科書に掲載されたこともあります。

小伊津の砂泥互層

海食台には広がる洗濯岩状の凹凸が見られる。

inserted by FC2 system