タイトルバナー

しまねの自然

しまねの地形・地質

■しまねの自然

島根県の特徴的な地形・地質や、巨木、草花の生育地(自生・植栽)などのみどころを、石見東部石見西部出雲・隠岐のエリア別に紹介しています。


■しまねの地形と地質

中国山地の山陰側に位置する島根県は、低〜中程度の起伏の山地が広い範囲を占めます。県東部には中国山地と平行して伸びる島根半島があり、半島と中国山地北縁の間には中海・宍道湖出雲平野、安来平野など一連の潟湖・沖積平野があります。


島根県の地質は、県西部には古生代の三郡変成岩類や中生代の火山岩類、堆積岩類が分布します。県東部の山間部は花崗岩類が広く分布します。海岸部には日本海形成の時代である新生代新第三紀中新世の火山岩類や堆積岩類が帯状に分布しています。隠岐には飛騨片麻岩と並び日本最古級の隠岐片麻岩をはじめ、第四紀の火山岩まで変化に富んだ地層が分布します。


奥出雲を中心とする製鉄と石見銀山に代表されるように、中〜近世の島根県は国内有数の金属生産地でした。海岸部に分布する中新世の地層は黒鉱型鉱床を伴い、黒鉱やそれに伴う石膏を採掘した鉱山が島根半島と大田市にありました。益田市および鹿足郡には中・古生代の堆積岩にマグマが貫入してできたスカルン型鉱床が点在し、江戸時代に幕府直轄領におかれた鉱山もありました。


島根県を流れる主な河川には江の川斐伊川高津川があります。江の川は山陽側を源流として中国山地を横断し江津で日本海に至ります。下流では塩水くさびが発達します。斐伊川流域は近世の製鉄地帯でした。下流部には中海・宍道湖があり、全国屈指の汽水域が発達しています。高津川は全国トップクラスの水質を誇る清流で、鮎の産地としても知られています。


畳ケ浦イメージ

石見東部の自然

富山要害山(重蔵山)の柱岩清滝沖蛇島仁万の龍岩(龍巌山)大江高山波根西の珪化木立神島琴ヶ浜掛戸仁万の珪化木鬼村の鬼岩五十猛町猛鬼海岸の柱状節理五十猛海岸のタフォニ温泉津海岸のしゅう曲静之窟多根のユキワリイチゲ自生地若宮神社の大タブ金堂ヶ浜のハマナス忍原峡亀谷のねずみ淵湯抱温泉久喜銀山断魚渓志都の岩屋イズモコバイモ自生地
→石見東部の自然


石見西部の自然

千丈渓観音滝浅利富士岩滝寺の滝大崎鼻椿の里畳ヶ浦長浜台地の黄長石霞石玄武岩室谷の石ごうろ三隅公園のツツジ三隅梅林公園三隅大平桜木部谷温泉カタクリの里笹ヶ谷鉱山跡大元神社跡の樟鑢(たたら)崎唐音の蛇岩鎌手の水仙公園金谷城山桜
→石見西部の自然


出雲・隠岐の自然

小伊津の砂泥互層日御碕日御碕の経島佐田風穴立久恵峡なならの滝雲見の滝大根島の溶岩隧道大根島のボタン須々海の洗濯岩佐陀川塩楯島加賀桂島の柱状節理海潮のカツラ鬼の舌震由来八幡宮の大杉島後の黒曜石産地よろい岩
→出雲・隠岐の自然

inserted by FC2 system